一昔前までは葬式には正式な礼服着用が当たり前。

葬式は、亡くなった方を弔うための儀式です。一昔前までは特にご遺族の方は正式な礼服を着ることが当たり前とされてきました。ですが時代が変わり、今は男性の場合は略式とされているブラックスーツを着られる方が増えています。この、ブラックスーツを着ることによって葬式だけではなくお通夜と告別式にも着て出席することが可能となっています。女性の場合は一昔前までは男性と同じく正式な礼服をお通夜においては着るようにし、その後和装と呼ばれる着物に着替えて参列することが一般的とされてきましたが近年では洋装の礼服1着のみを着られることがおおくなりました。このように、時代が変わったことにより簡略化されてはいますが、葬式や告別式は立派な儀式です。故人を送り出すためにもきちんとした格好で行いたいといったことから、それなりにふさわしい格好をして出席することが求められています。

男性は葬式にブラックスーツを着ます。

葬式に参列することになったけれども、どのような格好をすれば良いのか分からない方もいらっしゃるかもしれません。男性の場合は原則的にブラックスーツという種類のスーツを着ることがマナーとされています。ブラックスーツはあらゆる儀式やイベントごとに適しており、1枚持っていれば他の儀式にも着ていくことができるという利点が挙げられます。ブラックスーツの下に着るものとしては白色のシャツが良いでしょう。白色といっても、ストライプなど模様が付いているものではいけません。無地で無色のものを着るようにしましょう。時間を知るために時計を付けられている方も多いでしょうが、葬祭においては時計の形についても気にするようにしましょう。あまり派手なものを付けていくのは望ましくないとされています。そのため、シンプルなものを予め準備しておくと良いです。

葬式に関するマナーを身につけよう

冠婚葬祭に関するマナーは、大人として身につけておく必要があるでしょう。結婚式のようなお祝いの場ならマナーがなっていなくてもある程度許される場合がありますが、葬式という場で失礼な振る舞いをしてしまっては大変です。いざというときに恥をかかないためにも、必要最低限のマナーを身につけておきましょう。葬式では喪服を着用しなければなりませんが、通夜のときは必ずしも喪服で行くことはありません。ただ派手な服装で行ったり身につけているアクセサリーをそのまま着用していては失礼になりますから、アクセサリーは取り外してできるだけ落ち着いたトーンの服装を選びましょう。葬式当日は全身黒の喪服に着替えて向かいますが、女性の場合はストッキングも黒にしなければなりません。香典袋にお金を入れるときは新札を避けますが、あまり古すぎるお札も良くないので気を付けましょう。